保険相談のタイプ

有料の保険に関する相談

保険の相談は無料のもの以外にも、有料の保険の相談が存在します。
有料の保険の相談では、相談相手が営業員でなくファイナンシャルプランナーとなります。
ファイナンシャルプランナーは、保険会社や保険代理店には属してなく独立して仕事をしているので、保険の勧誘をされる心配がありません。
そのため、有料の保険の相談を利用すれば、中立的な立場で保険の助言を受けることができます。
なので、保険に入る必要性がない場合は入る必要がないと断言してくれます。
ちなみに、ファイナンシャルプランナーに保険の相談をする時は、1時間で1万円近くとなりますが、無料の保険の相談より安く済むことが多いです。
なぜなら、無料の保険の相談を利用すると不要な保険に加入する可能性が高いので、保険で余計な出費を支払う形になりやすいからです。
そのため、1万円近くを相談費用として出費しても、不要な保険に入る必要がなくなるので結果的に節約することが可能になります。
また、有料の保険の相談を利用するならば、ネット検索で自分に合ったファイナンシャルプランナーを見つけるのが基本となります。
よって、ファイナンシャルプランナーの保険に関する考え方を参考にして、相談したい相手を選ぶのがポイントとなります。
有料の保険の相談では、相談相手が独立系のファイナンシャルプランナーとなるので、保険の知識がなくても保険に入る必要性を知ることができます。

保険見直しの相談

仕事を始めた頃に、なんとなく入った保険が、結婚や子供が出来たタイミングで契約内容を見直してみると、不必要な内容が入っていたり、必要な保障が抜けていたりすることがあります。以前は、手厚い入院保障が必要だと思っていても、最近は入院日数が少なく、通院の保障が必要な場合もあります。人生の節目のときこそが、保険の見直し相談をする絶好のタイミングです。結婚すれば、稼ぎ手に万が一があった場合の死亡保障が大切ですし、子供が生まれたら、教育資金のための学資保険、家を買えば、ローンを返しながら、火災保険にも入らなければなりません。教育資金を貯める一方で、老後のための貯蓄性の高い保険も必要です。家族の形態やライフプラン、収支のバランス、年間でどれだけ保険に支払うのかによって、様々な保険商品を組み合わせるのか、一つの保険で賄うのか、やり方は千差万別です。プロのファイナンシャルプランナーに見てもらい、保険も含めた、ライフプラン全体を見て、無駄のない、また支払い能力に見合った保険を組んでいくことが大切です。ライフステージに変化ぎあったときに、入りっぱなしで放置している保険を見直し、家族の生活をより良いものにしてみてはいかがでしょうか。

popular contents

  • 人生におけるお守り

    お金で安心を買う商品 保険の相談をする際に気を付けた方が良いこ…

    » 続きはコチラ

  • 保険相談のタイプ

    有料の保険に関する相談 保険の相談は無料のもの以外にも、有料の…

    » 続きはコチラ

  • 長持ちさせる保険との付き合い方

    保険も定期的なメンテナンスが必要 みなさんは火災保険や自動車保…

    » 続きはコチラ

Copyright(C)2017 一般的な保険相談にまつわる知識や常識を分かりやすく解説 All Rights Reserved.